« 苦しい | トップページ | いおりんの悪巧み »

2010年6月19日 (土)

カウンセリング

5月のはじめフィラリア検査にこなはんを掛かりつけの病院に連れて行ったとき

こなつのALB(たんぱく質)の数値が低かった。

正常値2.3~3.9のところが、こなつは1.65だった。

でもこなつは元気で食欲もありすぎるほどだし、痩せてきてるわけでもなく、下痢もしたことがない

ただ、空腹時にする嘔吐(黄色い胃液)が最近ちょっと多いような・・・と気になってたので

それは血液検査は関係なく先生に聞いてみたところ、回数的にも問題はないとのこと。

先生が言うには、ALBが低い事自体が良くないので、なにが原因か調べるのに内視鏡で腸の検査をすることを進められた。

そしてもし腸が原因なら、ステロイドで治療をするか、食事療法(処方食)をした方がいいと言われた。

ALBが1.5を切ると腹水がたまったりして生命にかかわることもあるとまで言われた。

でもALBが低い意外、こなつに全く異常が見られないのに、いきなり検査の為だけに

全身麻酔をして内視鏡だなんて納得がいかず拒否をした。

とりあえず、処方食で様子を見ることにだけ承諾して、そしてなぜか最初は問題ないと言っていた

嘔吐のために抗生剤を出され、2週間後にもう一度血液検査をすることになった。

2週間後、血液検査をしに病院へ行き、前回診て貰った先生を指名した。

血液検査の結果、ALBは1.54と少し下がっていた。

そこで当然のごとく内視鏡検査を進められる。

それでも、私はこなつになんの変化もなく元気そのものにしか見えないので、検査を受け入れられず

担当の先生も困った感じではあったけど、無理に進めるわけにもいかず・・・と言う感じだった。

再度、1~2週間後に血液検査と尿検査をすることになった。

後から思えば、処方食を食べさせてる以外なにも治療をしてるわけでもないのに、また血液検査をしても

なんの意味もないのでは?と思ったけど、ここまでマイナスな方に病院側に言われると

正直、内心不安も少しはあったので

血液検査くらいなら・・・と受け入れていた。

そしてこの3回目の血液検査をしに行くまでの間に、こなつの嘔吐の回数が増え

もしかしたら、本当にこなつはどこか悪いのでは?と思い始めていたのも事実です。

なので前回の検査から1週間後に尿を持って血液検査をしに行った。

尿検査では問題なしだった。

この日は、前回・前々回診て貰った先生が夜7時までの勤務で、私たちが病院に行ったのが

7時半くらいだったのでもう先生は居なくて、別の先生の診察となった。

この先生は、血液検査の結果を説明する為に診察室に呼ばれて行き、最初に言った言葉が

「検査を嫌がってるみたいですね」だった。。。

全身麻酔をしなければいけないのに、躊躇して何が悪いの?

言い方にもムッとした!

この日の血液検査の結果は、ALB1.71と少し上がっていた。

このまま食事療法でもう少し様子をみてもいいのではないかと私は思った。

病院に行く度に、悪い方に悪い方に言われて、どんどん病気にされていってる気もしてた。

でも病気のことに関して素人だから、病院の先生にああまで言われたら、どんどん不安になるし

私の判断でこなつをもしかしたら大変な事態にさせてしまうのではないか?

検査を受けるべきなのだろうか?とかなり悩みました。

でもどうしても最終的には検査をすることに納得できず、この日診て貰った先生に

肝臓を調べるのに8時間絶食して血液検査をして、その後直ぐにご飯を食べさせて

再度血液検査をすることを更に進められ、その時はそれを承諾して都合のいい時に

8時間絶食した状態で病院に行くことにして帰ってきたのですが、そのままこの病院には

行ってません。

もう二度とこの病院にはいかないと思います。

最後にこの病院に行った時、採血をする時にこなつはもの凄く嫌がって泣き叫びました。

これまで採血でこれほどまでに鳴いたことはありません。

きっとこなつ自身も自分の身に恐怖を感じていたのかもしれません。

もうあんな思いをこなつにさせたくありません。

こなつにはかわいそうな事をしたと申し訳ない気持ちで一杯です。

でも、ALBが正常値でないのは事実。

このままほっておくことも出来ない、ではどうしよう?

他の病院に行っても同じことを言われそうで、怖くて行けません。

そこで相談をしたわんこお友達お二人に、キュー先生を進めてもらいました。

東洋医学で診てくれる先生です。

今はこなつは元気そのもの、だけど何かが原因でALBが低いのこのままにしておくわけにはいかない

こなつ自身の免疫力を高め、自然治癒で改善されればそれに越したことはない!

お友達の話では、キュー先生はわんこと話をしてくれるそう。

是非キュー先生に診てもらいたいと思った。

そして今日、2時に予約を入れてキュー動物病院に行ってきた。

前日、予約の電話をした時に、看板もなく一方通行などで分かりにくいので、近くまで来たら

電話くださいと言われてたけど、地図を見て行きます♪と行けると思ってた。

でも結局迷ってしまった・・・(^^;)

電話を2回も入れて、先生に外に出てきてもらってなんとか辿り着いたよ・・・(^^;)

「動物病院」とはなってるけど、中に入ると全く病院らしくない。

らしくないと言ったら失礼かな?(笑)

お灸の匂いと本に囲まれてて、病院に行った時の緊張感みたいなのを感じない所です。

先生もにっこり笑ってくださって、なーんて言ったらいいのかな・・・

初めて行った場所、初対面の先生なのに、安心できるんだよね不思議と。

おおまかな事情は、昨日の電話で説明してたので、例の病院での3回分の血液検査の紙

を見せて、こなつを触ってこなつと話をしてくれて、「ごはんは普通のごはんでいいと思うよ」

と言ってくれた。

いろいろ話をしてもらったんだけど、上手く説明は出来ないcoldsweats01

食事に関しては、前の病院で買った処方食のz/dを食べさせてると言ったら、「あれはマズイよ!」だってsmile

こなつが嘔吐した日などずっとメモしてたのを持って行き、回数が増えた上に

先週は食後30分くらいで胃液と一緒にフードも混じってたと言ったら、「マズイから吐くんだよ」「だってz/d食べ始めてから吐くの多くなってるもん」だってsmile

そう言われてみればそうだ!と言われて気付いた。

普通のフードでいいし、出来れば手作り食がいいよって言われました。

栄養不良というのもあるかもしれないので、高カロリーなもの食べさせてみてもいいかも

太ってきたら量を減らせばいいし、もし下痢とかした時は、おかゆを食べさせるといいらしい。

食べさせすぎると太るけど、お米はいいよとお勧めでしたhappy01

お米:お肉:野菜を1:1:1であげればいい、但し、野菜は偏らないように季節の野菜を

バランスよくあげて

鳥と豚は火を通して、人間が火を通す食べ物は同じように火を通してあげれば大丈夫。

それで2ヶ月後くらいに血液検査しましょうと言ってくださいました。

もしも、何か症状が出たならその時に考えればいい

私も前の病院に最後に行った日からこの2週間、同じように考えてました。

だから先生にそう言ってもらえてすごく気が楽になりました。

前の病院ではマイナスなことばかりしか言われなかったのとは正反対に

キュー先生は逆からの見方でプラスな考え方で話してくださるので、ずっと悩み続けてきた

この1ヶ月半、言って欲しかった言葉が次々と出てきてすごく気持ちが明るくなりました。

そして最後に、「もし何かあったら、こなつが教えてくれるよ」と言われました。

そうだね、あれだけ前の病院で検査を進められても拒否出来たのは、こなつから赤信号を

感じなかったからだもんね。

本当に今日は行って良かったと心から思いました。

今日はカウンセリングだけでしたが、こなつより私たち飼い主がキュー先生に

カウンセリングしてもらいに行ったようなものかも?smile

こなつは一応診察台みたいなのはあるので、その上で今日は何をされるのかと

ドキドキで怖かったようだけど、結局な~んも嫌なことはされず、優しい先生だったから

次はもっとリラックス出来るかもねwink

|

« 苦しい | トップページ | いおりんの悪巧み »

わんず」カテゴリの記事

コメント

昨日は会えなくて残念でした。
こなつ、キュー先生がやさしい先生でよかったな~。
母さんに、ときどきは手抜き(のざっぴに聞いてください)手作りごはんを作ってもらいましょう!

ねぎ類やらチョコレートなど、犬が中毒を起こしてしまうもの以外は、ヒトが食べているものは大抵食べて大丈夫のようです。
塩分だって、積極的に大量に与えなければOK。
手作りごはんは、水分が多いからちゃんとデトックスできるので、時間の無いときは汁掛けゴハンでも問題ないようですヨ。

小夏ねーやんもキュー先生のセミナー(つぼマッサージ)で骨抜きになったことあります。
のざっぴはもう忘れてしまいましたが・・・・coldsweats01


投稿: のざっぴ | 2010年6月20日 (日) 14時39分

☆のざっぴさん

昨日は会えてよかったです~♪

悩み続けて重たかった私の心を、すーっと軽くしてくださったので
キュー先生が女神様のように感じましたhappy01
酷い時は3日連続嘔吐したり、一日に朝・晩嘔吐したりしてたのに
もう5日吐いてません。
吐きそうな兆候すら見られないです。

手作り食、ぼちぼち再開してみようと思います。
またいろいろと教えてくださいね。

小夏が骨抜きになったセミナー、こなつも受けてみたいな~。
またそのような情報があったら教えてくださいね~happy01

投稿: こなつ母 | 2010年6月21日 (月) 23時07分

こんばんは。キネティクスの飼い主です。
ブログにコメントありがとうございました。

こなつちゃんが、キネと同じように低蛋白であること、他人事とは思えません。
あの本(コギスタ)に書いてないことで、参考になればと思い、コメントさせて頂きました。

検査の件、確かに不信感を持ってしまいますよね。
実はキネも同じ検査の話をされたことがあります。
自分もやはり全身麻酔に抵抗があって、正直に先生に言いました。

その検査でわかることは、小腸の機能だったと思います。
これでクロだった場合は、ステロイド剤の投与が必要になります。
キネの場合、生まれつきということと、前の病院で(不本意ですが)ステロイド剤を投与されていたので、
逆に消化不良の場合の治療を先にしてみることになりました。
油の分解力が弱いらしいので、酵素剤を飲ませての治療です。
油が良くないので、処方食にしました。
「ロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)」タイプです。
それで、体重を増やし、体力をつけて、今は落ち着いています。
ただ、キネも一時的によく吐く時期があり(黄色い液体です)、色々調べたら、
毎回のように早食い選手権のようにドライフードをガツガツ食べていたので、
胃を荒らしていたみたいです。
ドライフードは胃の中に入ると胃の中の水分を吸収するんです。
それで、毎回200ccほどのお湯でふやかして、冷ましてからあげています。
この方法にしてからは、吐かなくなりました。尿は増えました(汗)

私も周りの方々に支えられ、手作りや生食を勧められたりしました。
ただ、「最初は下痢するかも、まあ、それもデトックスだから大丈夫!」という言葉が引っかかり、
まだ踏み出せていません。
留守番が多く、あまり下痢の経験がないのに、激しい下痢をして脱水症状になったら・・・
主治医にも「いやだよ~急性膵炎になったらどうすんの~?」って言われました。
年齢と共にまた膵臓や腸の機能のバランスが崩れた時に、主治医と相談しようと思っています。
主治医は本来は手作り推奨派なんです。でも、「キネには無理!」と言われています・・・。

こなつちゃんはキネと年齢も違うし、今までの過程も違うと思うので一概には一緒とは言えませんが…。
なんとか、前向きに良くなっていくことを願っています。

自分のブログよりも長い文章ですみません。
こなつちゃんと、こなつ母さんが、「コレ!」という治療法を早く見つけられるといいですね。
早く良くなりますように。。。

投稿: れい | 2010年6月24日 (木) 21時38分

☆れいさん

ご訪問、コメント有難うございます。
仕事が遅くなる日が続いて、お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

キネくんも内視鏡検査を進められたことあるんですね。
我家が通っていたこの病院では、「麻酔が嫌なの?」なんてことまで言われて
しかもこの病院の主任という肩書きのある先生の発言だっただけに
「あーもうこの病院とはうちは合わない」と感じました。
以前、もう一匹のコーギー半蔵が、私たち飼い主の不注意でおもちゃを誤飲してしまい
悩んだ末、開腹手術をしたことがあります。(その当時通っていた近所の別の病院です)
その時の手術自体は成功でしたが、術後半蔵が苦しそうに咳をしたり嘔吐を繰り返し
病院も時間外で診てもらえず、不安な夜を過ごしたことがあります。
結局、麻酔の時に喉に通すチューブで気管を傷つけたことが原因でした。
そんなこともあったので、麻酔を簡単に考えることは私にはできませんでした。

コギスタを読ませてもらって、キネくんを迎えられて間もない頃から病院にも通われ
まだ子供のキネくんにステロイドを飲ませざるを得なかったのは、れいさんご夫婦も
本当に辛かったことと思います。
今は体重も増えて、キネくんの状態も落ち着いているようで良かったです。

ロイヤルカナン消化サポートはいいみたいですね。
今こなつも同じものを朝だけや、忙しい時は朝・晩食べさせてます。
あんなに回数がどんどん増えていた嘔吐も、回数が大分減りました。
それでも嘔吐はありますが、本当にもうちょっとでご飯やのに~!という状態の時に吐きます。
こなつと半蔵も、ドライフードだと吸い込むようにあっと言う間に食べてしまうので
うちも以前はふやかして食べさせていたこともあります。
時間がないときは水掛けご飯なんて超手抜きだったり・・・(^^;)
今は、手作り酵素を作っていて、原液を水で薄めて飲ませるのですが、それをドライフードにかけて
食べさせてます。

手作り食も以前もやっていた時期があったのですが、忙しいと作らない日があり
一日作らないと次の日も、また次の日も・・・となってしまうのです(^^;)
今回こなつのことで、また手作りを始めましたが、夜だけだったり、ここ最近は仕事で遅いので
ドライフードです。
我家のわんずは手作り食が大好きなので、出来る時だけ無理なく作るつもりです。
うちの子はどの子も手作りにして下痢をしたことはありませんが、お友達わんこには
以前手作りしてたけどどうしても下痢をしてしまうので、完全にドライフードにしたら下痢もしないし
というわんこも居ます。
犬にも個体差があるので、手作りがみんないいとは私も思いません。
下痢をすること事態、腸に負担がかかりますものね。
キネくんの体調が一番ですもんね、元気で笑顔でいられる食事・日常の為にも
れいさんが納得いかないことはしなくていいと思いますよhappy01

なんかまとまりのない文章ですみません・・・coldsweats01

ムシムシと鬱陶しい梅雨、梅雨が明ければ暑さでダウンしそうな本格的な夏を
れいさんもキネくんも体調崩されませんように、ご自愛ください。

投稿: こなつ母 | 2010年7月 4日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦しい | トップページ | いおりんの悪巧み »